日記

禁じられると欲しくなる

人間というのは不思議なもので、
いつもはそれほど興味のないことであっても、
それを禁じられるとたちまち魅力を感じ始めます。

米国産牛肉の輸入規制が報じられた途端に
牛丼屋さんに人が殺到して、中には涙ぐみながら食べる人も
出てくるありさまです。

期間限定、数量限定、などという言葉が添えられるだけで、
魅力を5割増しくらいに感じてしまいます。

「あの人に恋をしちゃいけない。」

と自分に言い聞かせれば言い聞かせるほど恋心は募るものですし
「ダメ。」と言われれば言われるほどしたくなってしまいます。

自分にとって本当に必要なもの、本当に欲しいものを知るために
そのような禁止・限定のフィルターを取り除く必要があります。

何かをしたい、欲しいと思ったら、
それがもしもたくさんあっても欲しいと思えるかどうか、
それがもしもいつでも手に入るとしても欲しいと思えるかどうか
あらゆる禁止・限定のフィルターを取り払ってみて、
それでも欲しいと思えるものだけが本物と言えるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。