日記

禁断の甘い果実

人間というのは不思議なもので、
ダメと言われれば無性にやりたくなってしまうものです。

それが「欲望」と結びついていると尚更ですね。

禁酒法の下で隠れてする飲酒はそれはそれは大きな快楽だった
でしょうし、禁煙と言われればとたんに煙草が吸いたくなり、
「男子禁制」という言葉の何とも魅力的な響き、
「禁断の甘い果実」という言葉もあるように、
禁止されることはすべて甘い魔力で人を誘惑するものです。

そして、不思議なことにそれが大っぴらに許される環境に
なりますと、人はたちまち飽き、魅力を感じなくなります。

「〇〇しちゃダメ」

という言葉は、人を惹きつける最強の魔法ですね。

これを皆様の最大の関心事である「恋愛」に照らして
考えてみましょう。

恋のお相手が最近何だか冷たくなったとお感じの人は、
与え過ぎ、許し過ぎてはいないでしょうか。
そんな時こそ「禁断の甘い果実」の出番です。
3回中、1回だけ与え、許し、残りの2回は拒絶しましょう。
与える1回のその価値がとても高価なものになるはずです。

逆に恋愛の相手のことが好き過ぎて苦しいとお感じの人は、
冷静になって本当にその人の人間性が好きなのかどうか
じっくり確かめてみましょう。
「禁断の甘い果実」の魔法に目がくらんではいないでしょうか。
遠距離恋愛ですとなかなか会えないため、
日常的に会えるカップルの1.8倍くらい、
愛おしさが「嵩増し」されているかもしれません。
そんな時には、その人と「毎日会える」と想像してみましょう。
その人のことが本当に好きで恋をしているのか、
会えないから恋情が増幅しているだけなのかを
知ることができるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。