日記

笑おう

「笑う門には福来たる」

という言葉の通り、笑い声や笑顔は幸運を引き寄せるものです。

これは何もオカルトの話ではなく、笑い声を出したり笑顔になる
と、胸の中に明るくて強い力が生まれてくることは、
人間であれば誰でも一度は感じたことがあるでしょう。

そして、胸の中に明るさや強さがあれば、その人の取る行動は
自然と良い方向へ向かいます。
行動が良くなれば当然のことながら結果も良くなりますので、
めぐりめぐって「福が来る」となるというわけです。

「幸せだから笑うのではない。笑うから幸せになるのだ」

という言葉もありますね。

「笑う」ということは、人生に良い循環をもたらすための
方法の一つであることは間違いなさそうです。

そうしますと、人を笑わせるのがお仕事の芸人の方々は、
人の人生を上向かせるために重要なお仕事をしているということ
になります。

お寺の和尚さんが法話で聴衆を笑わせることが多いのも
納得がいきます。

「笑う」というのには、とても大きな価値があるのです。

一日に一回でもお腹の底から笑えたら良いですね。

眉間に皺が刻み込まれてしまうような苦しい人生を送って
いらっしゃる方は、幸運がやってくるのを待つのではなく、
まず、無理にでも笑ってみましょう。
作り笑い、結構。

やがて、心が幸せ色にほどけてくるはずです。

今日の音楽

小さな願いごと/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。