日記

笑顔のパワー

悲しい時や苦しい時には、当然のことながら
悲しい顔、苦しい顔になります。
それは誰だってそうですね。

悲しい時には、心の中にある「悲しみの壺」を涙でいっぱいに
するくらいたくさん泣いたほうが良いということを以前書かせて
いただきましたが、思いっきり泣いたほうが良いものです。

それでは、その「どん底」の状態から、
幸せになっていくための最初のきっかけは何でしょうか。

それは「笑顔」です。

「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せになるのだ。」

という言葉が僕は好きなのですが、笑うことによって、
胸の中に元気が生まれ、うつむいた顔を上げ、立ち止まった足を
再び動かして前進することができるようになります。

「心を偽って無理に笑ったって意味ないじゃないか。」

とおっしゃる方がいらっしゃいますが、
決してそうではありません。
ためしにそのような状況の時に、無理矢理笑ってみてください。
それまで後ろ向きだった気持ちが少し軽くなることに
お気付きいただけることでしょう。

笑顔のパワーというのはすごいものです。

接客業では口角を上げるなど笑顔を作るための研修があります。
お客さんは赤の他人ですので、その人に対して心からの笑顔を
しているはずはないのですが、そのような「作られた笑顔」で
あっても、お客さんには良い印象を与えることができますね。

笑顔は、自らの心を元気にするのはもちろんのこと、
他人のことも元気にしてあげることができるのです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。