日記

筋トレをすることにしました

久し振りに父方のおじさんと電話で話したら、
毎日15000歩の散歩を日課にしていると聞いて驚きました。

あまり気にしたことがなかったので、自分のiPhoneに入れてある
歩数計アプリの歩数を調べてみてさらに驚きました。
僕の一週間の歩数は2000歩に満たなかったのです。
(一日ではありません。一週間です。)

確かに一日中ずっと机の前で過ごす生活ですので、
当然の結果でしょう。

筋肉を付けることはいわゆる「自動脂肪燃焼装置」を
身体に取り付けることであるというのは以前から聞いて知って
いましたが、筋肉の存在は「自動病気予防装置」でもあると
最近知りました。
ダイエットだけではなく健康にとっても筋肉は大事なのです。

我が身の極端な運動不足によって、筋肉は無くなってしまって
いるのではと思って大きな恐怖を感じました。

そこで、日課となっている朝の散歩の他にも、
「筋トレ」をスケジュールに組み込むことにしました。

腹筋を鍛える運動や、腕立て伏せなどを、
暇さえあればやることにしたいと思っています。

たとえば、音楽制作や映像制作において、完成した際に
「書き出し(レンダリング)」というファイル化の作業が
あるのですが、これに相当な時間がかかるのです。

音楽なら3分~10分くらい、
映像なら1~2時間かかることもあります。

この時間はいつも、休憩したり眠ったり読書をしたり次の案件の
準備をしたりするのに使っていましたが、
ここに筋トレを組み込もうと計画しています。

そうすると、音楽や映像の書き出し作業の度に、
筋肉も鍛えられることになります。
芸術をやっているんだかスポーツをやっているだか
分からなくなりますが(笑)。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。