日記

結果はいったん忘れて次の行動を

行動したら結果が生じます。

そして、結果が生じるまでには、時間がかかるものです。

結果を知るまでの間、手を止めてじっと待っている人がいますが
あまり良くありませんね。

結果を心で待ちながら、身体は次の行動をするのです。

結果というものは、神様だけが知っているもので、
それは人間の意志ではどうにもできないものであるのに、
そこに自分の時間を預けてしまうのはもったいないからです。

自分の大切な時間は、自分の意志で操ることのできる
「次の行動」に対して注いだほうが良いでしょう。

つまり、一回行動したら、その結果を待って時間を過ごすのでは
なく、そのことはいったん忘れて、次の新しい行動をしたほうが
良いということです。

ましてや結果や答えを待ちきれずに、
それを急くような行動に出てはいけません。

たとえば、ある商品を営業に行き、その答えを保留されたと
したら、その返答がなかなか来ないからと言って、

「先日の件ですけれど、どうなりましたか?」

などと尋ねないほうが良いということです。

そもそも、営業で答えを保留されたとしたらそれは「お断り」
という意味合いとして受け止めるべきであり、結果(良い結果)
を強引に引き出そうとするのは相手先に迷惑ですし、
見苦しいだけです。

行動したことは忘れて結果は神様に任せ、
自分は次の新しい行動をするのみです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。