日記

結果を素直に認識して受容しよう

自分がやっていることが正しいか正しくないかは、
結果を見ればすぐに分かります。

良い結果が出ていればそのやり方は正しいはずですし、
良い結果が出ていなければそのやり方は正しくありません。

とてもシンプルです(笑)。

しかし人間は欲に支配されやすい生き物ですので、良い結果が
出ていてそれが正しいやり方であるとすでに証明されているにも
関わらず、

「もっともっと」

という気持ちがふつふつと湧きだしてきて、今やっているのとは
違うやり方を探し始めてしまいます。

今やっているやり方への「飽き」もあるでしょう。

そして逆に、良くない結果が出ていてそれが正しくないやり方で
あるとすでに証明されているにも関わらず、

「こんなはずはない」

「続けていればきっとうまくいくはずだ」

と自分勝手に思い込み、せっかく表に出ている結果を見て見ない
ふりをして、間違ったやり方を続けてしまいます。

「結果の認識と受容」

をできるだけ素直な気持ちで続けることが大切ですね。

今日の音楽

手紙/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。