日記

美しいと感じる音

最近読んだ音響学の本に、人間が「美しい」と感じる音は、
多少の「ヨゴレ」が含まれていると書かれてあって、
なるほどと思いました。

ほんの少しのミダレもニゴリもクスミもない音は、
イメージで言えば「味気ない電子音」のようなものであり、
人は「美しい」と感じずに、むしろ冷たい感じ、
機械的な感じに捉えてしまうようです。

グラフィックの世界でも、写真をわざとモノクロにしたり、
セピア色にしたり、ヨゴレやクスミを加えたりして、
何とも言えない雰囲気を楽しむことが多いですが、
音についても同じことが言えますね。

テンポきっちりのリズムよりも多少の揺れがあったほうが
心地良いですし(機械音楽の代表であるテクノミュージック
でさえ最近は微妙に揺らしたりします。)、
音程もほんの少しずれているほうが逆に良かったりします。

人間は、不安定で間違う生き物ですので、
そのニュアンスが少しあるほうがしっくりくるのでしょうね。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。