日記

美しい乙女のためのピアノ小品

「百年に一度の不況」などと言われ、
大手銀行や大企業の赤字転落が続いている今ですが、
マクドナルドやユニクロなどは「過去最高益」を実現するなど
絶好調のようで、それらの企業に共通しているのは、
徹底した「低価格戦略」のようですね。
僕の会社が販売しているのは、
「世界に一曲だけの音楽の作曲」という
完全オーダーメイド商品のため、価格を下げるのが難しく、
そのためお客さんには比較的富裕層の方が多いのですが、
先日、お客さんの女性から、
「もっと価格が安い商品も作ってよ。
 今はどこも低価格路線よ。」
などと無理難題を言われ、それでも僕は、「できません。」
とは言えない(言いたくない)性格の人間ですので、
うーん、ああでもないこうでもない・・・と頭をひねって、
やっとの思いで新しい商品を完成させました。
僕は男のくせに「ガーリー」なものが大好きなので、
商品名はズバリ僕の趣味そのままで、
『美しい乙女のためのピアノ小品』
とネーミングさせていただきました。
ご好評いただいている「オーダーメイドミュージック」の
楽器やオプションを限定することで、低価格を実現しました。
「大切な想い」を「世界に一曲だけの音楽」にする
というこの商品を、これまで以上に多くの方に
楽しんでいただければ幸いです。
【美しい乙女のためのピアノ小品】
美しい乙女のためのピアノ小品

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。