日記

職業と顔つき

顔を見ればその人の職業が分かると言われますが、
それはどうやら本当らしいです。

先日、ある制作会社におじゃました時に、
ほんの会釈程度の挨拶しか交わさなかった人が
後で

「あの人作曲家でしょう?」

と言ったということを聞いて、とても驚いたものです。
よっぽど顔色が悪くてやつれて見えたのでしょうか(笑)。

お医者さん、学校の先生、営業マン、画家、大工さん、
弁護士、政治家など、確かに職業は顔にあらわれますね。

また音楽に関して言えば、オーケストラの奏者も同じで、
顔を見ただけで何の楽器を演奏する人かだいたい分かります。

弦楽器奏者と管楽器奏者では明らかに違いますし、
管楽器奏者の中でも、フルートの人とトランペットの人は
顔つきが違います。

これは、職業(長年やっていること)が顔をそうさせるのか、
そのような表情(内面)を持っている人が、
その職業を選ぶのか分かりませんが、とてもおもしろいですね。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。