日記

自らの行動を悔やむ

何気なくとってしまった自分の行動に、
人間性や品位が欠けていたことを思い出し、
後になってからひどく恥ずかしい思いをし、
消え入りたいような気持ちになることがあります。
僕は、道でチラシなどを配っている人から
なるべく受け取るようにしたり、受け取らない時でも
せめてお辞儀くらいするようにしています。
それは、相手が「人」であるからです。
あのお仕事は慣れていない人にとってはとても苦しいものです。
人が人に話しかけているのに無言で通り過ぎるとは
なんと残酷なことでしょう。
自分の中の「大切なやわらかい部分」を殺さなければ、
とてもやっていけないお仕事です。
そんな風に思っているにもかかわらず、昨日、
選挙運動でチラシを配っていた方から、
歩く速度を緩めることなく奪うようにチラシを受け取り、
「ありがとうございます。」
と丁寧におっしゃっていただいたにもかかわらず、
受け取ったチラシを無造作にかばんに入れ、
立ち去ってしまいました。
実はこの時、携帯電話でメールを打ちながら歩いていたのです。
男子は同時に複数のことをすることができないと言われますが、
この時僕はメールを打つことに集中していて、
チラシを配ってくれた人に対して
意識を向けることができなかったのです。
メールを送信し終え、一人で道を歩いていたら、
ついさっき自分が取った行動が頭の中によみがえってきました。
自分の人間性の劣悪さ、うつわの小ささを思い知らされ、
大きな後悔を感じました。
チラシを渡してくれた方、本当にごめんなさい。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。