日記

自分のルールを守ろう

「三日坊主」という言葉に耳の痛い思いをすることが
誰しもあると思います。(もちろん僕もあります。)

自分で決めたルールなのに、
それを守ることの難しさを物語っていますね。

ルールを決める時には、自分の生活や人生を美しく整えるため

「よし、これを絶対に守ろう。」

「これを毎日一回必ずやろう。」

と固く心に誓います。

しかし、ほんの数時間たっただけで
早くもその決意は揺らぎ始め、いざそのルールを適用しよう
というシチュエーションになった時に、

「今回だけは見送ろう。」

「明日は必ずやろう。」

というように、自分自身に甘い方向に、
ルールをゆがめてしまいます。

人間には機械と違って感情がありますので、
その感情が、甘えや不安を生み出し、
ルールを無視することで不満を解消しようとするのですね。
(ルールというのは、不満を乗り越えなければ
達成できないようになっているからです。)

本当であれば、どのような感情が心の中に生まれても、
有無を言わさずルールに従わなければいけないはずです。
そうでなければルールを設定した意味がありませんよね。

ルールを守ることで、今まで手にできなかった何かを
手にすることができ、新しい未来が開けていくということを
信じる気持ちが大切ですね。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。