日記

自分の頭で考えることの大切さ

人間は放っておくと、どこまでも堕落していく生き物です。
いつも、楽な方へ楽な方へと考えてしまいます。(僕も)

最近では、「Yahoo知恵袋」という便利なサービスがあって、
これは、質問を書き込むと誰かが答えてくれるというものですが
ここで「自分で調べれば誰でも簡単に分かること」を質問する人
がいて、他の参加者に叱責されているのをよく見かけます。

そして、こういう質問者に限って、叱責されたことに憤り、
自分を抑えられなくなって回答してくれた人を恨んだりします。
(そういう部分を直すとあらゆることをよく知ることができる、
 という最大のアドバイスをもらっているようなものなのに)

最近は、人とのつながりを大切に、とか、もっと人を頼ろう、
などと、あらゆるところで言われたり書かれたりしていますが、
たとえ助けてもらえたとしても、それが本人の能力として、
身に付くことは永遠にありません。

「空腹の人には、魚ではなく釣竿を渡せ」

という言葉がありますね。

魚を渡すと、すぐにその人は空腹を満たすことができるかも
しれませんが、それっきりです。
お腹がすいたら、またもらうことだけを考えるでしょう。

しかし、釣竿を渡されたら、最初はなかなか釣れませんが、
何度か練習をしているうちにやがて魚は釣れます。
そうすると、その人は釣竿が手元にある間ずっと、
魚を食べ続けることができるというわけです。

これと同じことが「思考」にも言えるのではないでしょうか。

すぐに答えを求めるのではなく、その答えを手に入れるまでの
プロセスを身に付けたいものですね。

今日の音楽

プロローグ/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。