日記

自分はこれが好き。他人の好みはどうでも良い

物事の好みというのは人それぞれ違うもので、ある人にとっての

「大好き」

が、ある人にとっては

「大嫌い」

であるということも当然のことながらあり得ます。

そしてまた自分の好きなものを相手が好きではなかったりすると
不満に思ったり、強引に好きにならせようとしたり、
相手が好きなものの粗を探して悪口を言ったりするのは、
実にくだらない時間の無駄であることなのですが、
それを多くの人がやってしまっているというところに、
人間の愚かさを再認識します。

自分は自分、他人は他人。

他人が好きなものを好きだと思う気持ちは、
自分が好きなものを好きだと思う気持ちにまったく等しく、
相手のそれを認めないならば、自分のそれも認められないという
ことに気付いている人はいったいどのくらいいるでしょう。

他人のことにちょっかいを出している暇があるなら、
自分の好きなものを愛でることにもっと時間を使ったほうが
良いでしょう。

他人が何をどのくらい好きでも、
自分にはまったく関係ないではありませんか。

「自分はこれが好き。
 他人の好みはどうでも良い」

これがすべてであり、これ以外はありません。

今日の音楽

輝く季節/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。