日記

自分への理解を他人に求めてはいけません

「自分は世界中で一番不幸です」

こんな風に思ってしまうのは人間の性質の一つであり、「世界中
で一番」などではなく、実はほとんどの人が負を抱え込んだ時、
そう思ってしまっているという事実があります。

ですので、もしもそんな風に思ってしまったとしたら、
それは馬鹿げた考え方であり、自分の本当の気持ちではないと
認識するところから始めてみると良いでしょう。
きっと心が良い方向へ向かいます。

「あなたの気持ちはよく分かる」

これも大嘘です。

他人の気持ちなどいったいどこまで理解できるでしょうか。
ある不幸を背負った人に向けて、安易にこのような言葉をかける
人間がいますが、多くの場合何か良からぬ別の目当てがあっての
発言であることに注意しなければいけません。

本当に相手に対して愛情を持っているならば、

「あなたの気持ちを分かりたい」

という言い方になるでしょう。

人間は自分自身のことだけで精一杯で、他人の不幸まで完璧に
理解する余裕などあるはずはありません。

他人との比較をするのは時間の無駄だと知り、自分の不幸は
自分自身で向き合い、解決の糸口を探すのです。

他人は誰も自分のことを完全には理解してくれないでしょう。
それを強要したり、依存したりするのは良くありません。
自分の気持ちに寄り添おうとしてくれている人がいるだけで、
それはとても幸運なことであると理解したほうが良いでしょう。

そして、不幸を背負っているのは自分一人だけではなく、
地球上のほとんどすべての人が何らかの不幸に見舞われ、
不満や苦痛を抱えて生きているものです。
隠して言わないだけです(笑)。

「自分は世界中で一番幸福だ」

こんな風に思って生きていきたいものであり、そう思う局面も
たまにありますが、それも長続きするものではなく、霧のように
あっという間に消え去ってしまうものです(笑)。

今日の音楽

Simple Life(バージョン2)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。