日記

自分へ投資をしてみよう

投資というと株や不動産などを想像しがちですが、
そういうものだけではなく、僕たちは日々投資をしています。

仕事で使う新しい機材やパソコンのソフトを買うことも、
新しい服を買ったり、伸びた髪を切ることもまた
自分への投資と言うことができますね。

投資をすることで昨日の自分とは少し違う自分になれます。

新しい道具によって仕事の能率が上がるかもしれませんし、
美しさに磨きがかかって、
運命の恋人を引き寄せられるかもしれません。

しかし、それは決して約束されたことではなく、
道具が自分に合わず仕事の能率が逆に落ちてしまったり、
運命の恋人はやってこないかもしれません。

むしろ多くの場合、投資をしても何も起こらないか、
状況が悪くなることのほうが多いものです。

それでも、投資をしなければ、何も起こらないことは確かです。

「リスクを負いたくない」

というのは誰もが思うことですが、僕たちは生まれた時点で
いつか迎える死というリスクを抱えています。

部屋の中で悶々と夢を思い描いてばかりいても、
その夢は絶対に叶うことはないでしょう。

何をして良いか分からなければ、
まずは夢を実現するために「お金を使う」ことです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。