日記

自分を知り、その範囲内で

夢を強く思い描くことができればそれはいつかは必ず叶うと
思っていますが、それと同時に、人は自分の能力以上のことを
無理にしようとすると失敗してしまうものです。

そのため、大きな夢を思い描きながら、分を知った小さな行動を
積み重ねていくことがもっとも大切なのですが、
欲があるために、つい大きく出ようとしてしまいがちです。

足が短いのに階段を三段飛ばしで上ろうとするようなもので、
かなりの確率で転倒してしまうでしょう。
階段は一段一段、自分の速度を守って上るのが良いのです。
(二段飛ばしくらいならたまにしてみるのも良いですが。)

そのためにはまず自分の能力、自分の限界を知ることから
始めなければいけないのですが、これがまた欲があるために
なかなか思うようにできません。

過度に自信過剰になってしまったり、逆に自信が持てずに
能力を十分発揮できなくなってしまったりします。
自分の能力や弱点を認めるというのは、とても怖いものです。

自分の範囲を知り、その範囲内で積み上げていく、
というごく当たり前のシンプルなことが、なかなかできません。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。