日記

良いことを過大に、悪いことを過小に評価しよう

生きていると、良いことも悪いこともあるでしょう。

それは誰にとっても同じです。

はたから見るといつも幸せそうにしている人が実はとんでもなく
大きな不幸の渦中で苦しんでいたり、様々な不運に見舞われて
大変そうに見える人が実は大きな幸せをこっそり隠し持って
いたりする事実は非常に多く存在します。

良いことと悪いこと、そのどちらか一方だけしか持っていない人
というのは存在しません。

自分の身に起きた良いことを過小に評価し、悪いことを過大に
評価する人、逆に、自分の身に起きた良いことを過大に評価し、
悪いことを過小に評価する人、この2種類だけです。

それによって、わたしは幸せ、わたしは不幸せと、
自らの人生を判断することになります。

幸せに生きたいのであれば、良いことを過大に評価し、
悪いことを過小に評価すれば良いということになりますね。

今日の音楽

予感/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。