日記

良い気分になるために

音楽は、それを聞いてくれた人が、
聞き終わった後に良い気分になるように
設計しなければいけません。

聞き終わった後に不快な気持ちが残ったり、
悲しくなったり苦しくなったりするような音楽は、
奇をてらった企画物としては面白いのかもしれませんが、
繰り返し聞きたいとは誰も思わないでしょう。

悲しいメロディー悲しいハーモニーの音楽だからといって、
聞き終わった後に悲しくなるかというとそうではなく、
むしろ一種の清々しさを感じることができるものです。
人間には「カタルシス」と呼ばれる、悲しみに浸ることによる
自己解放・感情浄化の能力があるからです。

鑑賞し終わった後に、まるで拷問を味わった後のような
何とも救いようのない不快感におちいってしまうような映画や、
音楽(特に現代音楽の作品に多いですね。)に出くわすと、
「お口直し」にすぐに別の作品を鑑賞したくなってしまいます。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。