日記

行動とシミュレーション

僕はいつも音楽を作ったり、何か新しいサービスを始める時に、

「とりあえずやってみよう。」

とすぐに行動してしまいます。
そして、実際に行動しながら、ああでもないこうでもない
と試行錯誤を繰り返して磨き上げていきます。

壁にぶつかって方向を変える車のおもちゃがありますが、
あれとまったく同じですね。

すぐに行動するというのはとても大切なことなのですが、
大型プロジェクトである場合にはそうも言ってはいられません。
事前のシミュレーションがとても大切になります。

実際に行動するのではなく、
机上で一度トライしてみて、改善点を洗い出します。
あらゆる事態を想定して何度も何度も実験を繰り返します。
机上の出来事なのですからお金もかかりません。

「シミュレーションでうまくいったことを、
 リアルで検証するのがビジネスである。」

という言葉もあるくらいです。

しかし、どんなに完璧にシミュレーションしても、
実際に行動すると予想もしなかった事態が生じるものですが。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。