日記

行動をしなかった後悔

ギロビッチ博士という行動経済学の専門家によりますと人間は、

「行動をして失敗した後悔よりも、
 行動をしなかった後悔のほうが大きい。」

そうです。

これをたとえば恋に当てはめてみますと

「失恋した悲しみよりも、
 恋を打ち明けられなかった後悔のほうが大きい。」

ということになります。

「ダメでもともと」という言葉もあるように、
結果を勝手に想像して臆病になるのではなく、
結果がどうあれ構わないぞという気持ちで行動してみるほうが、
長い目で見ると良い人生となるようです。

つまり、失敗や失恋も、
人生全体にとっては「成功」なのでしょうね。

では人生にとって本当の失敗は何かと言いますと、
それは「行動をしないこと」ということになります。

とは言うものの、僕もそうですが
人間はなかなか行動できません。
怖くなったり、億劫になったり(これは最も良くありません)、
ついつい先延ばしにしてしまいます。
そして気が付けば無残な時のかけらと大きな後悔が残ります。

今すぐ、今日のうちに、行動しましょう。
失敗しても良いので行動しましょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。