日記

行動を細かく分割し、一つを選び、それだけに集中しよう

億劫さや臆病な気持ちが先に立って、心理的に行動しにくい局面
に差し掛かった時には、取るべき行動を

「細かく分割する」

ことを心掛けています。

たとえば、新しい音楽を作ろうとする時、喜びに満たされて作り
始めるということは滅多になく(笑)、多くの場合、億劫さと
臆病さに心が支配された状態で始めなければいけません。

そんな心理状態で、いきなり良いメロディーを生み出そうとして
も、それは至難の業ですし、時間の浪費につながるでしょう。

音楽制作における行動を極限まで細かく分割して、
その中で一番最初に必要な行動に着手すると良いでしょう。

そうなるとまずは、編成決め(楽器選び)です。

作ろうとする音楽のコンセプトにもっとも適した楽器(音色)を
無数にあるインストゥルメンツの中から選択していく作業です。

この時に重要なのは、楽器(音色)の選択にのみ集中するべきで
あり、メロディーの創造や和音の組み立てなどに気を取られては
いけないということです。

これが結構難しく、ついつい他の作業に気が取られてしまい、
いきなりメロディーやハーモニーをああでもないこうでもないと
始めてしまい、時間を浪費してしまう結果となります。

取るべき行動を細かく分割し、どれか一つを選び取ったなら、

「それだけをやる」

ことに集中しなければなりません。

今日の音楽

新しい道/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。