日記

褒めてから叱ってはいけません、叱ってから褒めましょう

「何を話すかが重要なのではない
 いつ話すかが重要なのだ」

という言葉がありますが、人間というのは不思議なことに、
話の内容は全く同じであっても、それを聞くタイミングによって
すんなり受け入れたり、頑なに拒絶したりします。

相手の気分が良い時に話すのは不機嫌な時に話すよりも
受け入れられる確率が高いのはよくあることです。

また、話す順番もとても重要です。

新しいことを提案する場合には、良い話を先に伝えてから提案を
切り出すと受け入れられる確率が高いですね。

また、人を注意したり叱咤激励する場合には、しっかり叱った
後に、その人の良い所を褒めてあげると相手のやる気をそぐよう
なことにはならないでしょう。

その逆ではダメです。

褒めてから叱るとまったく逆効果であり、
その人はたちまちやる気を失ってしまうでしょう。

今日の音楽

あきらめない者たち/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。