日記

見ていても何も見ていない

アメリカの捜査機関のプロフェッショナルたちは、
解決への糸口の90%以上を、一般人が購読する新聞などから得る
という話を聞いたことがあります。

彼らにしかない情報網やテクノロジーを使って捜査していると
考えている僕たちにとっては実に意外な事実ですね。
そのような操作方法は10%ほどしかなく、
おおかたは、「誰もが目にしている情報」の中から
見つけ出しているのです。

人間というのは不思議なもので、目を見開いて見ていても
実際には何も見ていない、ということがあります。

また、耳で聞いて頷いたくせに、実際には何も聞いていない、
ということもあります。(これは特に男性に顕著な現象であり、
女性を怒らせる要因の一つにもなりますね。)

つまり、意識と集中力がとても大切であり、
それを伴っていない行動は意味がないということになります。

自分がとる行動についてしっかり意識を向け、
そして集中しなければ、何もしていないと同じです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。