日記

言葉は音楽と同じ

言葉は音楽と同じだと思うことがあります。

「何を言うのかではない。どう言うかだ」

という名言がありますが、同じ内容でも言い方によって、
受け手に与える印象が大きく異なるものです。

時には、良いの内容のものが悪く、悪い内容のものが良く伝わる
ことさえあるので驚きです。

言葉遣いや、言い回しによるちょっとしたテクニックは、
営業をお仕事とされていらっしゃる方はよくご存じでしょう。

仕事においてだけではなく、日常生活においても、
何気ない言葉が醸し出す効果は、人間関係や人生そのものを彩る
大きな演出となります。

僕は、

「覚えてる?」

という言い回しが大好きです。

もともと懐かしいもの、ノスタルジックなものに心惹かれる性質
ですので、このような言葉に胸が高鳴ります。

たとえば、

「東京タワーに行ったよね」

という何気ない言葉も、

「覚えてる? 一緒に東京タワーに行ったこと」

と「覚えてる?」という言葉をちょっと付け加えるだけで、
物語が生まれ、映画のように会話が続いていくから不思議です。
(言っている内容はまったく同じなのに)

また、自分だけで完結するのではなく、相手の心も巻き込み
ながら、言葉が心を紡いでいくような感じがします。

音楽は、音の強弱や並び方を伝達することによって、
リスナーに「感情の動き」を働きかけます。

同じように言葉も、言葉の並び方や発し方によって、
相手の感情を動かすことができます。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。