日記

話すように書くために

パソコンを使って仕事をしていますと、
メールでのやり取りが多くなりますので、
業務上の決まった文言などは何回も入力することになります。

コピペ(コピー&ペースト)はそんな手間を省くのに便利な
機能ですが、コピーするテキストを選択して反転表示させ、
コピーコマンド(メニューから選択するかもしくは
ショートカットキーを押す)を実行し、次に、貼り付けたい部分
にカーソルを持って行ってからペーストコマンドを実行する
という、これだけでも結構な手間となっています。

文章を「話すように」書いている時には、入力している時の
リズムや気持ちの流れが途切れるようで少し不満です。

そこで活用したいのが「辞書登録機能」です。

僕の場合ですと、たとえば「なまえ」と入力するだけで、
「山谷知明」と変換されるように辞書登録してあります。

また、「おは」と入力すると「お早うございます。」と、
「ありが」と入力すると「ありがとうございました。」と
変換されるように登録されています。

その言葉本来の文字数よりも少ない入力で済むようになって
いますので、気持ちの勢いを邪魔することなく
話すように文章を書くことができる気がします。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.