日記

誇張と省略

作品を作る人であれば誰もが感じたことがあるかと思いますが、
創作において、誇張と省略のバランスはとても重要です。

あるものを実際のサイズよりも大きく表現することで、
その迫力、躍動感、圧倒感を増幅したり、
実際は存在するのにあえて省略することで
その存在感を意識させたり、シンプルにすることで
それとは別のものの存在を大きく見せたりする手法で、
これが作品における「演出」ということになります。

これはやり過ぎると、滑稽なものになってしまいますし、
まったくやらないなら実に味気のない作品になってしまいます。
お料理における調味料と同じで、かける分量が重要になります。
(お塩を入れ過ぎたお料理は食べられませんね。)

また、かさ増しした「誇張」部分と、
シンプル化した「省略」部分の山と谷が深ければ深いほど
作品にドラマ性が生まれ観客の心を上下に大きく揺さぶります。

この誇張と省略のバランスの取り方は、
どんな教科書にも載っておらず、教えてくれる先生もいません。
日々コツコツとトライ&エラーを繰り返す中で、
自分で獲得していくしかありません。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。