日記

誰かに依存するとしっぺ返しが来る

人は誰でも、他人や何かに依存してしまいます。
長い人生を自分の足で歩くのはとてもくたびれますので、
近くにいる人の肩にもたれたいという気持ちがあります。

僕も依存しているものはたくさんあります。
甘味、映画、音楽、本、ウィスキー、机を磨くこと、
本棚の本をきれいに揃えること、外出しないこと、
黒っぽい服を着ることなど・・・

やめたいのにやめられないことって、たくさんありますね。
それをすることで心にかかるストレスを軽減させようとします。

しかし、依存の対象が「人間」になってしまうと、
悲劇に突き進む危険性が高まります。

「誰かに依存する」というのは楽ちんなものですが、
後で手痛いしっぺ返しが来て、余計に苦しむものです。
なぜなら、その「誰か」は同じ人間であり、不安定で、嘘つきで、
いい加減なことばかり言う存在であるからです。

また、SNSへの依存も不幸に突き進む可能性が高いものです。
特に目的もなくアクセスしてしまう麻薬のような魔力がネットに
はありますが、これに身を任せていると、
自分の人生の時間(つまり命)が驚くほど早い速度で減少し、
大切な時間が破壊され、最後の最後には、

「わたし、いったい何をしているのだろう」

という空しさだけが残ってしまうでしょう。

要するに、

「他に頼らず、自分の足で歩き続ければ良い」

ということになるのですが、それが簡単にできれば
誰も苦労はしませんね(笑)。

今日の音楽

なつかしい日々(ピアノ)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。