日記

起きている時に見る夢

現実と非現実の間を人は行き来して暮らしています。
現実の生活にくたびれた時は非現実の世界に蜜を求め、
非現実の世界で養われた英気は現実の世界で活かされます。

非現実で僕たちに一番身近なものに「夢」がありますね。
眠っている間に見る夢はそれが素敵なものであっても、
怖いものであっても、現実の世界に良い作用を及ぼします。
(僕は目に涙がいっぱいたまって目覚めることがあり、
きっと悲しい夢を見たに違いないのですが、そんな日は、
とても清らかな気持ちで一日を過ごすことができるのです。)

そして僕たちは、起きている時にも夢を見ることができます。
それは本を読んだり映画を観たり音楽を聴いたりすることで
体験することができますね。

よく「現実を忘れられる」と言いますが、
非現実の世界に行ったからといって現実の世界と切り離される
わけではなく、ふたつの世界はつながっています。

現実の世界で味わった苦しさや寂しさ、悲しみなどを預けて、
非現実の世界に遊び、再び現実の世界に戻ってきた時には、
以前とは違う心で現実を生きることができるはずです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。