日記

身体を操るために心を刺激する

人間の身体は心と結びついていますので、身体が思うように動か
ない時、心を刺激することで肉体の動きを促進させることが
できます。

たとえば、緊張を強いられる大事なイベントでは、口が思うよう
に動かず平常時のように発言できなかったり、思いがけず足が
もつれて転んでしまうようなことさえあるでしょう。

このような時、心の中の緊張を解きほぐすための方法を皆さん
お持ちなのではないでしょうか。

◆大切な人の写真を見る

◆お守りを握りしめる

◆深呼吸を3回する

など、このようなことは過去に繰り返していればいるほど強力な
効果を発揮するものです。

また、僕自身の話で、これは、汚い話で大変恐縮なのですが、
便秘になった時、あるマンガのある登場人物の顔を想像すると、
あっという間にお通じが改善されます(笑)。

このように、心に何かを投げ込んでやることで、肉体の動きを
操作することができ、それをするためには、何度か繰り返して
習慣化しておくと良いでしょう。

今日もくだらない話をしました。

今日の音楽

雪の幻想/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。