日記

辛いものや炭酸を欲する時

辛いものが苦手で(吹き出る汗がうっとおしいため)、
大好きなカレーもいつも甘口を選んで買うなどしている僕ですが
一年にほんの数回ですが、おそろしく辛いものを
無性に食べたくなることがあります。

辛口のカレーや、激辛のキムチ、真っ赤なエビチリ、
スパイシーチキンや、豚肉のピリ辛炒めなど、
辛いものを身体中で欲する時があります。

そのような欲求は、大きなストレスや、
ぼんやりとした倦怠感を感じている時に多く発生し、
「のどをいじめる」ことによって、
その不快感を取り除こうとするような心理です。

炭酸ジュースやビールを飲む時もこれに近い感覚です。
飲むとのどが痛い炭酸やビールはあまり好きではないのですが、
心に不快なものを感じている時に飲むと、
それらを消し去ってくれます。

辛いものや炭酸ジュース、ビールなどが欲しくなる時は、
「ああ、心の状態があまり良くないのだな。」と思います。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。