日記

達人は満足しない

仕事をする人たちを眺めているとよく分かりますが、
一番やっている人ほど

「まだ何もやっていない。」

と言うものです。

逆に大したことをやっていない人ほど

「わたしはよくやった。」

と言います。

仕事というのは突き詰めていけばいくほど満たされず、
達人と呼ばれるくらいの人になると、
いつまでも「未完成」という気持ちに心が支配されます。

つまり、

「完成した。」

と簡単に言うような人は、
未熟者であるということになりますね。

仕事に没頭する人にとっては、求める理想に到達した瞬間に、
さらなる高みに理想がずり上がり、
永遠に到達することはできません。

それでも人は簡単に「満足する」こともできます。
自分に限界を設けて、そこまでの到達を完成とすれば、
すぐに満足感を得ることができるでしょう。

しかし、満足感は、仕事をする人にとって、
「死」と同じであると言えるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。