日記

選ぶことと捨てること

僕たちの人生は「選択」の積み重ねによって織り成されます。

それは常に目に前に現れる分かれ道のどちらに進むかという、
その瞬間瞬間の選択であり、そのどれかひとつでも違ったならば
今の人生とは別のものになっていたことでしょう。

無から有を創造するかのように言われる芸術家でも同じです。
たとえば画家の場合を見てみますと、真っ白な紙に向き合い、
まず色を選択します。そして次に、紙のどこにその色を落とすか
という選択をします。そういった選択の積み重ねによって、
ひとつの作品が出来上がるわけですね。

作曲家も同じです。
楽器を選び、音を選び、音楽を作っていきます。
そのどこかひとつでも違えたならば、
全く違う作品となることでしょう。

たくさんのものの中から何かを選択するのは、
とても大変な作業に思えます。
しかし、何かを捨てることもまた選択することと同じです。

「今はこれは必要ない。」

とそれをバッサリ切り捨てることによって、
それ以外のものを選択したことになります。

優柔不断な性格で、選ぶことの苦手な人は、
捨てることに集中してみてはいかがでしょうか。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。