日記

開発と複製

仕事をする上では、高品質で確実・安全なものを一つ作ることに
まず集中すると良いでしょう。

それは小さなものでも良いのです。

たった一つ、品質と確実性において最高級なものを作り、あとは
それを複製していけば良いだけです。

街のパン屋さんやケーキ屋さんを見ると、よく分かりますね。

一個の商品を開発するために、多くの時間を費やし、多くの材料
を使ったでしょう。それらはみんな開発のための投資です。

そしてやっと一個の素晴らしい商品が出来上がりました。
それは、レシピとなって、ノウハウ・テンプレート化されます。

あとは、それを複製して販売すれば良いということになります。

このように、仕事というのは、「開発と複製」の繰り返しである
とシンプルに考えることができます。

それは、どんな仕事にも当てはまるでしょう。

自分で商品を作って販売するのではなく、自分の身体を使って
行う仕事もすべて同じです。

たとえば、自分なりのやり方、自分が提供する仕事の内容を
「決める」ということが「開発」に当たります。

「この人に頼めば、こんな仕事をしてくれる」

ということが確立したら、あとは日々、それを複製する感覚で
仕事をすると良いでしょう。

今日の音楽

幼稚園/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。