日記

間違いを指摘してくれる人

素晴らしい人というのは、自分の間違いを指摘された時に、
素直にそれを認めて(もちろん腹も立っているのでしょうが、
それを押し隠して)指摘されたその間違いを正そうとします。

会社で仲間と一緒にひとつの仕事をしている時に、
自分の仕事のやり方や方向性を否定されるのは
決して快いものではないですが、そこで怒ってはいけません。
指摘してくれた人は、仕事をうまく成し遂げるために、
もっと良いやり方を考えさせてくれたのです。
立ち向かわなくてはいけない敵は会社の外にいます。

みんなで協力してその敵に打ち勝たなくてはいけない時に、
「隣の席の誰それにこんなこと言われた・・・」とか、
「わたしの上司ったらこうでああで・・・」などと
いつまでも恨みつらみを愚痴る人ばかりのチームは、
何ひとつ成し遂げることができないでしょう。

自分にいろいろ言ってくれる人は、自分の敵ではなく、
同じ目的に向かって突き進む同志なのです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。