日記

非現実の世界とその効果

映画を観たり、本を読んだり、音楽を聴いたりすることは、
現実から非現実へと旅立つことです。

仕事がうまくいかず落ち込んだり、恋がうまくいかず悲しんだり
現実の世界では日々たくさんのストレスを受けているものですが、
そのような時に非現実の旅をすると心が回復します。

非現実で心を回復させることができれば、
また正しい行動をすることができるようになります。
正しい行動をすればそれに伴う結果も自ずから良くなるでしょう。

つまり、非現実は、現実をより良くするためにも、
必要な存在であると言うことができます。

「映画でお腹はいっぱいにならない」

「音楽なんてあってもなくても同じ」

などと言われることに対してのささやかな抵抗でした(笑)。

今日の音楽

砂糖菓子のワルツ(歌バージョン)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。