日記

音楽とボリュームリモコン

CD制作現場では現在、小さな音と大きな音の差を極力小さくして
全体を通して均一なボリュームになるように
設定する傾向があります。
これは、オーディオ機器で再生した時に音量のバラツキを無くし
安定して聴くことができるようにするためです。
たとえば、小さな音の時は聴こえにくいので、
人はボリュームリモコンを操作して音量を上げます。
しかし、大きな音が登場してきた時は今度はうるさくなるので
人はボリュームリモコンを操作して音量を下げるでしょう。
一曲の中で忙しくボリューム操作をしなくてはいけません。
これを避けるために、CD制作現場のエンジニアたちは、
コンプレッサーやリミッター、マキシマイザーなどという
機能を使って、小さな音を持ち上げ、大きな音を圧縮して、
全体の音量を均一化してしまうのです。
以前はそのような処理を施さなかったクラシック音楽でさえ、
最近はそのようなミックスをすることが多くなりました。
しかしながら、音楽というのは小さな音も大きな音もあってこそ
音楽としてのダイナミズムを感じることができるものです。
本来、音量のバラツキがあって当たり前であって、
それは音楽が音楽である重要な要素のひとつであるでしょう。
小さな音には息をひそめて耳をすまし、
大きな音は身体全体で感じる。
それがもっとも贅沢で自然な音楽の楽しみ方なのですが、
オーディオ機器で聴く限り、そこには限界があります。
ましてや、携帯音楽プレーヤーなどで外の騒音の中で聴く時、
小さな音はほとんど聴こえず、
果たして音楽をじっくり楽しめているのか大いに疑問です。
オーディオ機器で聴く音楽はとても便利ですが、
それは音楽の一部であって本当の姿ではないということを
どこかで意識しておく必要があるでしょう。
本物の音楽はもっと深くて衝撃的な味わいがあるものです。
それを感じるには「聴き方」が大きく左右するのです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。