日記

音楽のない映画

昨日、イングマル・ベルイマン監督の『狼の時刻』という
映画を観たのですが、音楽の少ないこと少ないこと。
効果音さえほとんどなくて、静かな空気音の中で
役者がぼそぼそと小声で話しているだけ。
まるでサイレント映画を観ているかのようなのですが、
その美しいこと美しいこと。
映画は、映像と音楽の共演ですので、
「音楽がない」ほうが「映画としては良い」ということも
有り得るわけですね。
作曲家としてはどんどん音楽を作ってどんどん映像に付けたい
という欲望で胸がいっぱいなのですが、
音楽監督としては「より効果的なところだけに付ける」という
判断をしなければいけないため、
この二者の仕事を一人の人間がやらなければいけない場合、
まるで一つの肉体を二つに切り裂かれるかのような
激しい傷みを感じることになります。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.