日記

音楽の気持ち良さ

音楽を作る上では特に「気持ち良い」ということが大切であり、
それは、理論や技法の前に存在するべきものです。
(「気持ち良い」作品の多くは、理論や技法に適っている
というのもまた事実ですが。)

人は快感を得るために音楽を聴くのであって、
好き好んで不快になるために聴く人はおりません。

しかし、「気持ち良い」というのはとても個人的なことであり、
ある人が気持ち良いと感じるものでも、
ある人にとっては耳を塞ぎたくなるような不快なものである
という場合もあるわけですね。

創作家は万人にとって心地良いものを作ろうと夢見るのですが、
この地球上には、多くの人が不快だと感じるものに
快さを感じてしまう奇特な人が必ずいるものです。
つまり、地球上のすべての人にとって「気持ち良い」作品は、
存在しないということになります。

それは「多数決の論理」でしかありません。
多くの人が良いと言った作品が名作となり、
多くの人が不快だと言った作品は駄作と呼ばれるのです。

しかし、音楽というものはコミュニケ―ションですので、
たった一人でも気持ち良さを感じてくれたなら
その作品は存在した意味があるでしょう。

創作家は、まず作り、そして、
それを好きだと言ってくれる人を探し求めて生きていくのです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。