日記

音楽を言葉で

仕事で音楽を取り扱っていますと、
それを言葉で表現することの難しさに改めて気が付きます。

お客様からご依頼いただく時も、

「こんな感じ。」

などという実に曖昧なニュアンスで音楽のご希望を伺い、
それに沿って制作するのですが、お客様の「こんな感じ」と
作曲家の「こんな感じ」には大きな隔たりがあることが多く、
作品が違った方向へ向かってしまうことがありますので、
お作りする前にじっくりヒアリングすることが必要となります。

一番楽なのは、既存の音楽を提示してもらいお客様が思い描いて
いらっしゃる音楽を知るという方法ですが、このやり方ですと
その既存曲の世界から抜け出した表現が難しくなりますので、
できるだけお客様の心から出てきた言葉に耳を傾け、
こちらからも分かりやすい言葉で伝え、そのやり取りによって
理想の音楽を「共に」創り上げていきたいと思っています。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。