日記

音楽制作のファイル

音楽制作のお仕事をしていますと、
生み出されるファイルの容量がかなりの大きさになります。

たとえば、5分の音楽を作るのでも、
各楽器ごとに別々のオーディオデータが必要となるため、
「5分×楽器の数」だけのファイルが発生することになります。

さらに、別テイクを保存したり、別バージョンを作ったり、
データの増殖はとどまることを知りません。

その膨大なデータの中で、本当に必要なのはごく一部なのですが
ある時突然、

「この間録ってボツにした、あのテイクを付けてみよう。」

などと言われることがあって、
一度奥にしまい込んだファイルを再び引っ張り出してくる、
ということがよくあるため、プロジェクトで発生したファイルは
常にストックしておかなければいけません。

当然のことながら、ハードディスクの破損などに備え、
データをバックアップしておくことも必要であり、
ディスク容量がいくらあっても足りることはありません。

テキストファイルで作品を展開できる小説家や
シナリオライターの方が羨ましくなることがあります。
データ量は音楽の何万分の一でしょうから。

逆に映像クリエイターの方はもっと大変ですが(笑)。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.