日記

嫉妬のエネルギーを活用しよう

嫉妬は人間であれば誰でも感じる感情です。

僕も、仕事で優れた結果を残している人のことを記事で読んだり
すると心の中にメラメラと嫉妬の炎が燃えてきますし、自分が憧
れる暮らしをすでにしている人のことを見てまたまた心の中に
メラメラと嫉妬の炎を燃やします。

自分の嫉妬深さに嫌になります(笑)。

嫉妬というのは、取り扱いの難しいやっかいなものですね。
呪いのように心を捕えて離さず、行動を停止させたり、良くない
方向へと導いて破滅に突き落としたりします。

この絶大なエネルギーを有効活用する方法はないでしょうか。

生きていると、踏ん張りが必要なタイミングがあります。
ヘトヘトに疲れているのにあともうひと頑張りしなければいけな
い時や、やろうやろうと思いながらなかなかできず、重い腰が
上がらないような怠惰の時です。

そんな時こそ、嫉妬のエネルギーを有効に使いましょう。

「もうだめだ」

と思った時に、嫉妬する相手の顔を強烈にイメージするのです。

そして、行動への奮起の起爆剤としてそのエネルギーを活用する
ことで、マイナスの感情がプラスの方向転換をするでしょう。

打ちのめさなければならない敵は、嫉妬を感じるその相手なので
はなく、嫉妬に翻弄されて正しい行動ができずにいる自分自身で
あったことに気が付くでしょう。

今日の音楽

輝く季節/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。