日記

幸運と不運の始まりのサインを受け止めよう

幸運、不運というのは実際にあり、やることなすことすべてが
上手くいくこともありますし、何をやっても上手くいかないこと
もあります。

運が向いてきた。

最近、不運が続くなあ。

というように、幸運や不運の始まりの部分では、しっかり感覚と
して意識されるくらい明瞭なサインとなって示されます。

そのサインをどう受け止め、どのように対処するかによって、
幸運を本物の幸運として持続・増幅させることができるか、
それとも一転不運へのきっかけとしてしまうかに分かれます。

運が向いてきたと思ったら、心の手綱をしっかり握って制御し、
なおかつ恐れずにどんどん突き進むべきでしょう。

また、不運の入口に立っていると感じたら、焦る気持ちを抑え、
行動の速度と規模を縮小させ、慎重に進むべきです。

運は自分の力ではどうにもなりませんが、その始まりのサインを
しっかり認識し、受け入れ、それに心と行動を合わせていくこと
によって、幸運を持続・増幅させることもできますし、幸運を
一転不運への転落のきっかけとしてしまう危険性もありますし、
不運による不調を最小限に抑えることもできます。

つまり、最終的な結果として成立する幸運・不運というものは、
自分自身の心の制御とそれに伴う行動によって決まると言って
良いでしょう。

今日の音楽

ユニバース/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。