日記

相手の言葉を音楽を聞くように聞こう

「相手の本当の気持ちを知りたい」

などと思ったことが人間ならば誰でもあるでしょう。

そのようなことをテーマにした本が本屋さんにはたくさん置いて
あり、どれを読んだら良いか迷うくらいです。

結果、どれも読まなくても良い、ということになります。

なぜなら、相手の本当の気持ちというのは、その人の発する声に
すべて表れているからです。

言葉づかいを聞くと、その人がどんな人なのかはおおよそ分かる
と思いますが、心の奥底にある考えやその人物の本性まで知るに
は不足です。

そこで何に注目して声を聞くと良いかと言いますと、

◆話し声の音程

◆話し声の速度

この2つのポイントが挙げられます。

音楽で言えば、ピッチとリズムです。

心が穏やかな状態の人は、発する言葉の音程が低くなり、
速度はゆっくりになります。

焦っている、何かを隠している人の発する言葉は、音程が不自然
に高くなったり、速度が速くなります。

また、言葉と言葉の間に置かれる「間」にも注意を払うと良いで
しょう。

「間」は書き言葉で言うところの「句読点」ですので、間の無い
話し方をする人は、句読点すら打つことができないくらい、
心が切迫した状態にあると言えるでしょう。

相手の言葉を音楽を聞くように聞けば良いということになります。

今日の音楽

悲しみの空/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。