2018年3月

日記

ありがとうとごめんなさい

いよいよ今日で今年度も終わりですね。 明日から新しい環境で生活を始められる方も多いことでしょう。 僕は極度の人間恐怖症のため、人と上手く付き合っていくには どうしたら良いかまるで分からないのですが、 「ありがとう」 と […]

日記

正しくないと分かっていても止められません

今やっていることが間違っていると分かっていても、なかなか 止めることができないのが人間というものです。 これまでかけてきた時間や労力を無駄にしてしまうことへの恐怖 や、バレなければ良いだろうという気の緩み、自分だけではな […]

日記

半分もできれば良い

これをやろう、こうしたいと思ったことの半分もできれば良いと 考えたほうが良いでしょう。 それくらい、想像と実践行動はかけ離れているものであり、頭で 考えるのは簡単ですが、実践するのは本当に難しいものです。 そのため、どう […]

日記

現在を過去に原因付けしない

人間は、自分の身に起こったことを、過去のある出来事がその 原因であると理由付けたがります。 たとえば、 「今日、仕事で失敗したのは、昨日準備を怠ったからだ」 とか、 「自分が今不幸せなのは、むかし悪いことをしたからだ」 […]

日記

大切な石ころ

この世界のものにはすべて自分自身が投影されます。 たとえば、道端に転がる石ころを見て、 「ただの石ころだ」 と思えば、それは自分自身にとって何の役にも立ちませんが、 「この石ころは、わたしにとって宝物だ」 と思えば、それ […]

日記

夢が実現するその直前のひととき

ドストエフスキーの『白痴』という物語の中に、 「コロンブスが幸福を感じたのは、彼がアメリカを発見したとき  ではなくて、それを発見しつつあったときなのだ。」 という文章があります。 まだ夢への到達は実現していないわけです […]

日記

自分らしさは伝えようとしないほうが良い

誇張したりせず、普通にやってもその人らしさは出てきます。 自分らしさを出そうとすればするほど、主張や特質が過剰になっ て、表現そのものが駄目になってしまうでしょう。 激しさを伴った主張や特質は、むしろ抑制するほうに注意を […]

日記

横を見るのではなく、前を見よう

【幸せ】の反対の言葉は、【不幸せ】ではなく【嫉み】である。 ということを聞いたことがあります。 そのくらい、嫉妬という感情は自分自身でもどうしようもないほ ど厄介な感情であり、それに憑りつかれると、不幸せよりももっ と暗 […]

日記

今、会っている人、今、立っている場所

卒業式、終業式が終わった頃でしょうか。 これまで馴染んだ人や場所との別れ。 誰の人生にも必ずあることです。 「また会える」 別れる時にはいつもそう思います。 そして、その通りにまた会えた人の数は少なく、ほとんどの人 とは […]

日記

相手の短所

相手の長所を愛することは簡単です。 誰にでもできるでしょう。 しかし、相手の短所を愛することは、 きっとあなたにしかできないでしょう。 それがあなたと相手を結び付けているものです。 朝の散歩/作曲:山谷 知明

日記

どうしてもポジティブになれない方へ

一昨日、「幸せになれる人と不幸せになる人の違い」という題で 書いた記事の中に、 「いつもネガティブなことを言ってばかりいる人は、  ネガティブなことばかり考えているのでしょうか。  違いますね。同じ人間ですから。  きっ […]

日記

食べ物と運動

「身体がすべての土台である」 というのは、よく耳にする言葉ですし、当たり前すぎて誰でも 分かっていることなのですが、そのことを痛切に実感するのは、 恐るべきことに、身体を壊した時です(笑)。 実際に失ってみなければそのこ […]

日記

幸せになれる人と不幸せになる人の違い

ポジティブなことを言う人はどんどん幸せになり、 ネガティブなことを言う人はどんどん不幸せになります。 いったいどうしてでしょうか。 それは、自分の声を耳で聞き、心で受け止めてしまうからです。 それでは、いつもポジティブな […]

日記

幸運と不運について

半分だけ水の入ったコップを見て、 「運が悪い! あと半分しか残っていない」 という人と、 「運がいい! あと半分も残っている」 という人がいるのはおもしろいことですね。 現象はまったく同じでも、その現象から受ける印象は、 […]

日記

予想と準備と実践について

「未来のことは誰にも分からない」 ということは、ぼんやりと認識していても、それはあくまでも ぼんやりとであって、自分でも気付かないうちに、ある漠然とし た未来像を思い描き、それがまるで本当に起こることのように、 強く認識 […]

日記

あれは、昼過ぎの出来事

3月11日というと、誰もが、東北で起きた大きな地震のことを 思い出します。 普段は顔を合わせたこともない集合住宅の隣人と大きな揺れの 驚愕を外に出て話し合ったほど、関東にいても大きな出来事だっ たのですから、東北の人々に […]

日記

現実か、夢の中のことか

寒の戻りはありますが、春の強い風が吹き、花粉が舞い、 桜が咲いて、いよいよ春が訪れたと言って良いでしょう。 集中していないとすぐに眠くなる季節です(笑)。 僕は身体を横たえると10秒以内に熟睡してしまう恐ろしいくらい の […]

日記

「明日やろう」と思ったら

「明日やろう」 人はいつもこんな風に思います。 特にそのことが面倒なことであればあるほどそう思います。 技術的にはできることなのに。 まさに、やる気、心の問題ですね。 「今日できないことは明日もきっとできない」 と言うこ […]

日記

できるはずなのにできない

「目の前のことに正しく対処する」 このシンプルなことがなかなかできません。 多くの場合、怠惰のために粗雑になったり、欲深さのために間違 った方法を取ったりして、大失敗します。 怠惰も欲深さも人間の心の問題であり、技術とは […]

日記

あの人、どうしているだろう

遠い昔に営業にお邪魔した会社や、お世話になった会社のことを ふと思い出して、Webサイトを見てみることがあります。 残念ながら「NOT FOUND」と表示されることもありますが、多く の場合、今も変わらず運営していること […]

日記

自分の限界を超える方法

自分の世界、自分の限界を超えるにはどうしたら良いでしょう。 一つめには、 「やりたくないことをやる」 という方法があります。 やりたくないことというのは、自分の能力の限界境界線上にある ことが多く、それは技術的にできるで […]

日記

面倒くさいことをすすんでやりましょう

仕事でも家庭でもプライベートな交友関係でも、相手に喜んで もらうためには何をしたら良いでしょうか。 その答えは簡単で、 「面倒くさいことをすすんでやりましょう」 ということになります。 「面倒くさいこと」 の中にこそ、 […]

日記

美しい桜と穏やかな陽気

花粉症の人にとっては苦しい季節がやってきましたね。 僕も目のかゆみや鼻のむずむずに苦しんでいるくせに 「僕は花粉症ではない」 と無理矢理自分に言い聞かせながら過ごしております。 春は、美しい桜や穏やかな陽気に心が浮き立つ […]

日記

運の良い女性

今日は桃の節句ですから女性のことを書きたいと思います。 まず、たとえば 「社会を明るくしたい」 という夢を持っているとしましょう。 そうしたら、 「女性が明るくなる」 ということを目指して行動をすると良いでしょう。 なぜ […]

日記

今度また会える

今年度もあと一か月となりました。 3月は別れの季節ですね。 学校や職場などでたくさんの別れがあることでしょう。 別れによってお互いの生活領域が変わってしまうと、 それこそ「一生」会えなくなってしまうことがあります。 僕も […]