2018年4月6日

日記

自らすすんで破滅に向かう

僕は、ドストエフスキーの『罪と罰』という小説が好きで 何度も繰り返して読んでいますが、この分厚い長編物語を たった一言で表現しているような台詞を、ドストエフスキーの 他の小説に発見しました。 それは、 「神さまが罰を当て […]