日記

夢を決めましょう

皆様、2018年に叶えたい夢は決まったでしょうか。

ぼんやりと思い描いた方は多いと思いますが、明確に、具体的に
思い描けた方は少ないのではないかと思います。

そのくらい、夢を決める、目標を定めるというのは難しいもので、
ぼんやりとしか思い描けないものです。

ぼんやりと思い描いただけでは意味がありません。
その夢は永遠に叶うことはないでしょう。

はっきりと、脳に焼き付くくらい強烈に思い描く必要があります。

そのためにはまず、叶えたい夢を決めなければいけないのですが、
これすら人間はなかなかできません。

そして、決めることができずに人生が終わってしまいます。

「夢が決まったら99%叶ったようなものである」

「夢を決められた人は幸せだ」

というような言葉が、夢を決めることの難しさを物語っています。

それでは、自分にとってどんな夢や目標を定めたら良いのか、
自分に合った夢や目標は何なのか。

その答えは、

「何でも良い」

ということになります(笑)。

これは決して他人事だからと投げやりで言っているのではなく、
実際に、何でも良く、どんなことを夢や目標にしても良いのです。

大切なのは、

「自分自身が決める」

ということです。

この世の中にはたくさんのこと、仕事、人生の目的がありますが、
その中のどれか一つを自分自身で選びましょう。

得意不得意で選んでも良いですし、好き嫌いで選んでも良いです。
自分で決めたなら、どれでも正解です。

そして、夢や目標を決めるということは、同時に、覚悟を決める
ことでもあります。

自分の人生に責任を持つということであり、他人に言われた人生
を歩まずに、自分の人生を生きるということです。

成功も失敗も誰かのせいにはできません。
しかし、成功も失敗もすべて自分自身の宝物になるでしょう。

そのための覚悟を決めるということになりますから、夢を決める
というのは簡単なように見えて、とても難しいことだと想像でき
ますね。

夢や目標を決めた時点で、もうスタート地点に立っていると
同時に、ゴールに向かって走り出したようなものです。

◆夢を決める

◆準備をする

◆実践をする

この繰り返しによって人生は前に進んでいくのですから、
まずは決めなければ話になりません。

たった一つの夢を、強く、明確に、具体的に思い描きましょう。

今日の音楽

新しい道/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。