日記

ひとつひとつの行動に気持ちを入れたい

暦の上でもお正月は終わり、いよいよ通常営業の開始ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年は、ひとつひとつの行動をもっと丁寧にやってみようと
年初めに目標を立てました。

たとえば僕は毎朝ラジオ体操と腕立て伏せ、腹筋トレーニングを
していますが、ラジオ体操は第一と第二を合わせて約6分かかり
ます。

日課となっているため、心が他のことにとられてボーっとしてい
るような時でも、体操の6分間は無事に経過します。
しかしそれは、身体の動きひとつひとつに集中して行う体操に
比べて効果がかなり薄れていることでしょう。

同じ6分間を使うわけですから、しっかり意識をして丁寧に行っ
たほうが得られるものが大きいに決まっています。

また、腕立て伏せは一回一回をより地面に顔が近づくように
苦しみながらやったほうが良いに決まっていますし、
腹筋トレーニングも動作をゆっくりにして苦しみながらやった
ほうが得られるものが大きいでしょう。
動作の一回一回を濃密に、丁寧にやる気持ちが重要になります。

行動する時の重要なポイントは、時間でもなく、かけるお金でも
なく、注ぎ込む気持ちの密度の高さ・集中度の高さですので、
気持ちを入れてこそ効果があるのだと思い知りました。

つまり、

◆やる以上は、しっかり気持ちを入れて丁寧にやる

◆丁寧にやれないのであればやらない

この二者択一で臨もうと考えている今日この頃です。

今日の音楽

アクション/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。