日記

新しい珈琲カップ

僕はこれと言って特に欲しい物もなく、昔から使っているものを
ずーっと使い続けるほうが安心できますし、周囲にも物が少ない
ほうが心がすっきりして集中できる性格ですが、最近になって、
物が心に与えてくれる影響というものを再認識しています。

たとえば、毎日ガブガブ珈琲を飲むのですが、その時に使う
珈琲カップを最近新しくしました。

熱い珈琲を一口すすろうとしてカップの取っ手を持ち、ゆっくり
唇に当てます。

この一連の簡単な動作をするだけで、心が以前にも増して落ち着
くようになりました。

新しいカップの手触りや唇に当たった瞬間の感触と珈琲のアロマ
が、絶妙なバランスで心を整えてくれるのです。

これは、この新しい珈琲カップのおかげと言えるでしょう。

物には、時間が蓄積していきますから、新しいよりも古いほうが
良く、古ければ古いほうが思い出がこもっていて素敵になります
ので、自分の心にフィットした物をいつまでも大切に使いたいと
思っています。

今日の音楽

輝く季節/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。