日記

言葉と、それを話す人の生き方

人と会い、面と向かってじっくり話をしていると、

「この人はいったいどうしてこんな風に思うように
 なったのだろう」

と、その人がその言葉を発するに至ったものの考え方とか、
その人の人生、バックボーンに興味が湧きます。

その人が一生懸命になって話しているのに、その話の内容そのも
のよりも、その人の生き方に興味津々で申し訳ありません(笑)。

言葉というのは、その人の心から出てくるのはもちろんですが、
その人がこれまで生きてきた道のり、生き方そのものからにじみ
出てくるものですから、その人の話にじっと耳をすましていると
その人のオリジナルが垣間見えてとても興味深いのです。

一生懸命生きてきた人の言葉には実直さが表れていますし、
いい加減に生きてきた人の言葉には甘えが見てとれます。

過去につらいことのあった人の言葉は、固く凝り固まっていて、
まだ乗り越えられていないことが分かります。

僕は、話の内容そのものよりも、その人が話す言葉を「音」で
とらえて、音楽のように聴く傾向があるのですが、そのせいか、

「ちょっと! ちゃんと聞いてるの?」

と叱られることがよくあります(笑)。

今日の音楽

Beautiful Life/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。